女性ホルモンの乱れにアロマは薄毛にも効果

アロマには、女性ホルモンを増やしてくれる作用を持つ香りもあります。 薄毛に悩む女性にとって、病院やクリニックで治療を受けることはもちろん大切ですが、予防や治療のサポートとしてアロマを使っていくと良いです。

薄毛の原因になるのはストレスや、更年期障害による女性ホルモンの乱れなどです。 ストレスの緩和に対しては、自分が好きな香りを使えばOKです。それだけではなく、女性ホルモンを増やす効果も欲しいのであれば、以下のようなオイルが良い効果を発揮してくれます。 まず、更年期障害や生理不順に良いのは、クラリセージ・ゼラニウム・ネロリ・フェンネル・ローズオットー・ローマンカモミールです。

次に、育毛に効果的とされているのは、ジャスミン・ヤロウです。頭皮をマッサージする時にあわせて使うと良いでしょう。 ジャスミンは抗うつ作用もあり、フローラルで甘い香りがあります。

ヤロウのアロマは使い方にちょっと注意が必要です。ヤロウのオイルは育毛効果も強いと言われているのですが、それだけに作用が強すぎて、長時間使用すると頭痛を起こしてしまう場合もあります。

また、キク科の植物アレルギーがある人も使用出来ません。こちらはほのかな甘さの中にスパイシーさを持っています。
どんなに育毛作用があると言っても、苦手な香りを使い続けていればかえってストレスの原因になってしまいますから、あくまでも薄毛治療の補助的な位置づけで好きな香りを選んで使うと良いでしょう。