薄毛にならない対策

対策

最近では、女性の薄毛が増えているといわれています。 薄毛というと40代以降のイメージがありますが、現代は20代から30代の若い女性も薄毛に悩まされています。 そもそも女性が薄毛になる原因は、仕事や育児疲れによるストレスが多いです。 ストレスを溜めながら毎日の生活を送ると、頭皮に知らず知らずのうちに血行不良を起こしてしまいます。 血行が悪くなると髪の毛の成長に必要な栄養分が行き渡らなくなるので、薄毛になってしまいます。

ストレスによる薄毛の対策として、ストレスを忘れてリラックスできる趣味を見つけると良いです。 たとえば、ウォーキングをしたり、友達とお喋りをしたりなど自分なりの楽しみを見つけてください。

その他にも、クリニックで薄毛治療を受けることも効果的です。 クリニックでは、パントスチンという薬を処方してくれます。 これは、脱毛因子DHTの攻撃から毛根を守る働きがあります。 その結果、抜け毛を防ぐことができます。この薬には副作用はほとんどないため、安全な薄毛治療といえます。