女性と男性 薄毛治療の違い

女性と男性

薄毛治療というと恥ずかしくて相談できないというひとが多くいます。 女性と男性の薄毛の原因はまったく違うものとされ、治療法なども違いがあります。

男性の薄毛はホルモンの影響が大きく原因としてあり、ほとんどがAGAと呼ばれる「男性型脱毛症」です。 AGAと診断された場合には、プロペシアという過剰なホルモンを抑える薬を服用すると薄毛が改善されることがわかっています。

また、女性は女性ホルモンの減少で抜け毛が増え、薄毛となる場合が多くあります。 加齢や出産、生活習慣などによってもたらされたホルモンバランスの乱れから女性ホルモンが減少したりすることで脱毛することがあるようです。 ほかにも毛穴の詰まりや炎症などの頭皮トラブルで起きる場合もあります。

乱れたホルモンバランスを通常に戻し、頭皮環境を良くすれば自然と頭皮に栄養が届くようになり髪の毛が生えるようになります。 ほかにも、冷え症などが体に及ぼす影響は大きく、抜け毛や薄毛などにも実は影響していることがわかっています。

頭皮に栄養を送るのは血液なのです。血の循環が悪いと頭皮に栄養が届かずに髪が痩せてやがて抜け毛となってしまいます。 それが薄毛となることがあり、また過剰なダイエットでの栄養不足で同じことが起こることもあります。

このどちらも、治療をすれば改善するので恥ずかしい思わずに専門クリニックなどで薄毛治療を受けることをおすすめします。 薄毛治療は適切な治療で改善に違いがでてきます。ぜひ参考にしてみてください。