親からの遺伝で女性が薄毛になる可能性について

遺伝

近年、薄毛に悩まされている女性が増えていますが、祖父や父親が薄毛だったりすると自分に遺伝しているのではないかと不安に感じる方も多いようです。

若い男性の薄毛は、AGA(男性型脱毛症)が原因のケースが多いといわれていますが、AGAでは5αリダクターゼという酵素の働きによって作られるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが、毛根の先端の毛乳頭から毛母細胞に入り込んで細胞の成長を阻害することで脱毛が促されます。 体内のDHTが毛母細胞に影響を与えるかどうかは、毛乳頭にDHTを受け取るための受容体(レセプター)が生まれつき備わっているかによって決まるので、ほぼ100%親から受け継いだDNAによってAGAになるかどうかが決定します。

当然、AGAを発症させるDNAは女性にも受け継がれるので、父親や祖父が若い頃から薄毛だったという場合には、娘にもそのDNAが受け継がれている可能性は否定できません。

しかし、女性は男性と異なりAGAを引き起こす男性ホルモンの量が元々少ないので、男性のようにDHTの影響を強く受けて前頭部がどんどん薄くなってくるということはありませんが、一説によると、頭髪が全体的に薄くなるびまん性脱毛症になりやすくなるともいわれています。 とはいえ、女性の薄毛と遺伝との因果関係はまだ科学的に立証されているわけでななく、それよりも薄毛はストレスや偏った食生活、睡眠不足などの生活習慣の乱れの影響が大きいので、たとえ親がAGAだったとしても悲観せずに生活習慣の改善を進めていくことが大切です。