女性の薄毛の対策に保険はきくのか

保険はきくのか

最近は女の人でも薄毛や抜け毛に悩む人が増えています。 その原因のひとつとしてはホルモンバランスが影響しているためといわれています。

加齢であったり、ダイエットであったり、またストレスが多い現代社会において、女の人のホルモンのバランスが崩れやすくなっています。 まず個人差はありますが、日本では一般的に40歳から50歳の前半頃は閉経を挟んだ年齢になることから更年期と呼ばれ、女の人が年齢を重ねていくと、それまで順調だったはずの女性ホルモンの分泌が抑制されていき、男性ホルモンが活発になっていくことでホルモンバランスが崩れてしまい、様々な症状を引き起こす原因になります。

この症状のうちのひとつに薄毛や抜け毛があげられます。 また、妊娠中は気にならなかったのに、産後に髪が抜けたり薄くなったと感じたりするのも、妊娠中に増加していたエストロゲンが出産後に一旦分泌が抑えられ一気に減少するからです。 また、過度のダイエットにより栄養失調になると、卵巣が機能低下してしまいホルモンの分泌量が減り、体の血流も悪くなるだけでなく、頭皮も同じく栄養が不足し血流が悪くなることで毛根が弱くなってしまいます。

原因がストレスからくる精神的疾患である場合もあります。 治療方法として、女性ホルモンを増やせばいいのですが、それが更年期障害の治療であればホルモンの薬を飲んだり、貼り薬で吸収させたりする「ホルモン補充療法」という治療で保険が適用されますが、薄毛の治療となると保険適用外となります。