髪の発毛を促進させる成長因子を注入する毛髪再生治療とは

毛髪再生治療で薄毛を解消する

毛髪再生治療とは、育毛専用の成長因子を、頭皮に直接注入する治療のことで、高い育毛効果が得られます。
私たちが普段髪と呼んでいる部分は、皮膚の表面からでている毛幹と呼ばれる部分です。
皮膚の中には毛根があり、それを包んでいる毛包があります。さらに根本には、毛球があり、毛乳頭、毛母細胞、色素形成細胞からできています。

毛乳頭には真皮からの血管や神経が届き、髪が生える作用や成長させる働きに重要な役割を果たしています。
従来の育毛剤は、頭皮に成長因子を塗布するだけなので、吸収はごく微量で、髪の生成と再生を司る部分にはほとんど影響が及びません。
毛髪再生治療は、成長因子を直接に注入することで、確実に毛母細胞や毛乳頭に届けることができます。

AGAによる薄毛の場合、軽度な場合は、市販の育毛剤を使用することで改善することもありますし、AGA治療薬を使用することで、進行を止めたり発毛を期待することができます。
ただ、中・重度な症状の場合には、必ずしも発毛は期待できませんし、内服薬の場合副作用のリスクもあります。

一方、注入するこの治療は、副作用のリスクもほとんどなく、成長の因子が働くことで、発毛が促進されて、抜けにくくする働きがあります。
成長因子が減少するということは、それだけ細胞分裂が低下するということなので、抜け毛が増加したり、発毛不全になってしまいます。
薄毛の原因が血行不良の場合、細胞分裂を活性化させる能力が低下していれば、健康な毛は生えてきません。